01 コラム

自己紹介とコメディカル受験対策講座について

はじめまして、放射線技師ヤマトと申します。

当ブログ最初の記事となりますので、今回は僕自身の話、そしてこのコメディカル受験対策講座について書きます。

自己紹介

2020年9月時点では、診療放射線技師5年目です。

大学卒業後、大学病院にて約4年間勤務をしていました。大学病院退職後、現在はクリニックにて働いています。

僕は関東で生まれ、今も関東在住です。大学も実家から通える大学を選びました。

高校受験時の成績は、過去の模試・試験結果を公表いたします。

  • K塾 2011年第2回全統マーク模試
  • Yゼミ 2011年第2回全国総合模試
  • K塾 2011年第3回全統マーク模試
  • S台 2011年大学入試センター試験プレテスト
  • センター試験および第一志望大学2次試験結果

コメディカル受験対策講座とは

コメディカルとは、通常「医療従事者」を指します。

コメディカル受験対策講座では

  • 看護師
  • 診療放射線技師
  • 臨床工学技士(CE、ME)
  • 薬剤師
  • 臨床検査技師
  • 理学療法士(PT)
  • 作業療法士(OT)
  • 言語聴覚士(ST)
  • 視能訓練士(CO)

などの医療従事者を目指す受験生をサポートします。

数学と英語を主体として行いますが、ゆくゆくは様々な科目に対応できるようにしたいと考えています。
病院・クリニック勤務の経験等を活かし、小論文や面接対策のサポートも行いたいです。

2020年現在、1人の生徒を受け持っています。Discordというオンラインチャットサービスを駆使し、サポートを行っています。

コメディカル受験対策講座を始めた経緯

僕が放射線技師になろうと思った理由は、医療と放射線に興味があったからです。放射線技師を目指す前、僕は高校数学の教師になりたいと考えていました。

訳あって教師の道を諦め、放射線技師を目指したのですが、「大学受験という人生を左右するステージの人に勉強を教える」という夢は心の隅に残っていました。

近年、個人の進出、例えばYouTubeなんかは飛躍的に環境が変わっています。

一昔前は、個人で勉強を教えるとなると一苦労したのではと考えますが、今はネットの力で簡単に始められるようになりました。

また、僕は現役放射線技師としてSNS等で活動しており、高校生からの質問も受けることがあります。

そんな中、ある一人の受験生をサポートすることになりました。いわゆるオンライン家庭教師のようなものです。

その方のサポートをする中で、この活動の幅をもっと広げたいと感じるようになりました。

大学受験界隈から離れて何年も経つので、現在はリハビリ中です。このブログを通して実力を現役時代よりも強くし、コメディカル受験対策講座の成長を目指します。

このブログでは、数学や英語の講義内容、大学入試過去問題を用いた演習などを記事にあげます。大学・専門学校受験生のタメになれば幸いです。